自律神経失調症は1人で悩まない~医療機関に助けを求めよう~

先生

胸が苦しいときは要注意

医療器具

原因と症状

心筋梗塞は日本人の死因の中でも非常に多い病気で、その症状で病院で診てもらっても手遅れになる場合も少なくありません。胸に強い痛みを覚え、息苦しくなるなどの症状が出てきてしまう病気です。心筋梗塞の原因は、心臓周辺の血管が詰まることによって起きます。血管が詰まれば血液が心臓に上手く流れなくなるため、心臓が正常に働かなくなってしまうからです。ではどうして血管が詰まるのかと言えば、動脈硬化によって血液がドロドロになってしまい、やがて血栓ができてしまうことで詰まります。動脈硬化は高血圧や不規則な生活習慣によって起きやすくなるので、健康的な血液を目指す必要があります。心筋梗塞の前段階で見られる症状が狭心症で、心筋梗塞と比べて症状はひどくはありません。ひどくなる前に症状に疑いを持つことが大切で、早めに病院で診てもらうことです。

食事とストレスが引き金

心筋梗塞を招いてしまう原因は動脈硬化によるものですが、特に偏った食事内容やストレスがよくありません。食事はその内容によって血液をドロドロにしたり、サラサラにしたりする影響があります。ドロドロにしてしまう食事では動物性脂肪の多い内容となり、いわゆる洋食に多い脂っこい食べ物です。これを取り過ぎることによって動脈硬化が見られるようになり、ひどくなると脂肪のかたまりとなる血栓ができてしまうのです。そして、強いストレスは高血圧を引き起こす原因になってしまいます。こうなってしまうと同じく血液がドロドロ状態になってしまい、心筋梗塞の可能性が高くなります。心筋梗塞になってしまう人は神経質な性格の人も多いので、気を付けなければいけません。現代では食生活も多様化し、脂肪分の多い食事も日常的に食べられるようになりました。ストレス社会で身体を悪くしてしまう人も多いので、どうしても心筋梗塞になりやすくなってしまいます。今後も引き続き患者数の増加が予想されるので、健康的な生活を心がけていかなければいけません。