自律神経失調症は1人で悩まない~医療機関に助けを求めよう~

先生

治療を受ける前に

看護師

治療

世界的に注目を集める免疫細胞治療ですが、注意しておく点がいくつかあります。まずは、ほとんどの人に副作用がないのですが、まれにアレルギー症状になることもあるのです。また、一つの医療機関で保険治療と自由診療を同時に治療を受けてはいけないルールになっています。そのため、保険適用で治療を受けている医療機関が、他の医療機関に資料などの提供をしてくれない場合もあります。そういったことも頭に入れて治療を受けることが望まれます。免疫細胞治療は採決をして培養を行いそれを投与してもらうようになります。そのため培養が始まると投与を受ける日程が決まるので、その変更が難しいのです。ですから、免疫細胞治療の治療を受ける前には治療方法や医療機関についてよく調べておくことが望まれます。

良いところ

免疫細胞治療は自分の免疫細胞を用いるのでほとんどといってもよいほど、副作用で苦しむことはないのです。それは、病気になっていることだけでも辛いのに、薬の副作用で二重に苦しみを味わうことが少ない、ということなのです。また免疫細胞治療は、癌摘出の手術後の再発予防や転移予防に効果を発揮できるとされています。さらに、抗癌剤での治療など、他の治療の邪魔をしないという特徴があるのです。そのため他の治療の長所を生かすようにして、免疫細胞治療を行うこともできるので、治療に幅ができるのです。免疫細胞治療は、ほぼすべての癌に対応することが可能だと言えます。効果としては早い段階で行うことが望まれますが、どの時期からも治療を行うことが可能となっています。